STAY CONNECTED

  • Instagram Clean Grey

Boston, 東京都, ウェブ・デジタルデザイン

© 2015 by KREATIVE PLANNING.

ブライズメイドの掟

 

ブライズメイド♥
 

アメリカでは主流のブライズメイド、最近は日本でもブライズメイドを取り入れたウェディングを見かけます。ブライズメイドとは、花嫁さんが選ぶウェディング当日の付き添い役となる方。花嫁さんによって親しいお友達の中から選ばれます。(👉花婿側の付き添い役をアッシャーといいます)中でもメイドオブオナーは、花嫁さんの一番の世話役になる方で、メイドオブオナーに選ばれる事はとても光栄なこととされています💐
ブライズメイドの役割としては、ブライダルシャワーの企画や、ウェディング当日は主役入場前にグルームズマンとペアになってバージンロードを歩き、式中は花嫁さんの横に並んで和やかな進行を見守ります。
一般的に、ブライズメイドは花嫁さんが選んだお揃いのドレスを着ます。人数はまちまちですが、アメリカでは5名以上が主流のよう🎉🎉🎉日本では、3~4名程のこじんまりしたサイズをよく見かけますね😍
ブライズメイドに選ばれる事は、カップルの大切な一日に関係者として参加出来るとても光栄な機会⛪Will You Be My Bridesmaid?(ブライズメイドとして参加してくれる?)と書いたギフトを添えて、花嫁さんがお友達を招待するのも、ウェディングプランニングのウキウキモーメントのひとつです😍😍😍💎 プランニング中の花婿様、ブライズメイドを取り入れてみてはいかがですか?

 

https://www.tidetell.com/10-things-to-help-your-bridesmaids-on-your-wedding-day-4611.html

でご紹介されているブライズメイドの10のオキテはこちら:

 

1. 当日のタイムスケジュールを事前に把握しておき、タイムマネジメントのお手伝いをする

2. 慌しい中でも平常心とユーモアを忘れずに

3. イマージャンシーキットを用意し、リップ、フロス、ケータイ、鏡などを常備しておく

4. 新婦の鏡となり、化粧崩れや歯に食べ物が詰まっていたりしたらそっとアドバイスする

5. 新婦のトイレブレイクに付き添い、ドレスを持ち上げるお手伝いをする

6. ゲストの案内役をつとめられるよう、お手洗いの場所などを把握しておく

7. 恥ずかしがらずに率先してムードメーカーになる

8. 新婦の食事を気にかけてあげる

9. ゲスト持寄りの結婚祝いギフトの置き場所を把握しておく

10. ゲスト帰宅後の会場片付けが必要か気にかける

 

Source: http://adornmagazine.com/

Source: https://www.tidetell.com/10-things-to-help-your-bridesmaids-on-your-wedding-day-4611.html

 

Please reload